眼瞼下垂で重たい印象にバイバイ~涼しげ目元を手に入れる~

先生

メニュー

美肌を実現できる

先生

大阪にある美容皮膚科クリニックを利用する場合には、複数の施術内容の中から、症状に見合った方法、希望の施術を選択して実施する事もできます。体験モニターで施術を実施できる場合もあります。学生が美容皮膚科での施術を実施する際には、学割サービスを実施しているクリニックもあります。参考にしてみてください。

詳しくはコチラ

老け顔を治すプチ整形

医者

頬がたるんでくるとほうれい線が深くなっていきます。ほうれい線は老け顔の象徴です。頬のたるみを消すには、ヒアルロン酸注入などのプチ整形や、フェイスリフトやミニリフトなどがあります。

詳しくはコチラ

小顔治療のツボ

先生

美容外科クリニックへ行くと、骨を削って顔を小さくする美容整形手術を受けることができます。この手術を受ければ確実に顔を小さくすることができますが、体が大きなダメージを受けます。ですので、まずボトックス注射を用いた小顔治療を試してみるようにした方がよいです。

詳しくはコチラ

目を綺麗に見せる効果

眼瞼下垂は何らかの原因で瞼が垂れ下がってしまった状態のことを言います。治療する事は可能なのでお悩みの方はコチラをご覧ください。

美容整形の施術需要が増加

医者

先天性の眼瞼下垂は生まれつきまぶたが下がっていたり、生誕から疾患を伴っており、それが原因によるものが多く見られます。しかし近年眼瞼下垂の治療を受ける人は、美容整形での美容目的での治療を希望する人が増えており、今後も需要が増すと見られています。顔の中でも目は最も相手に強い印象を与える部位であり、目をパッチリさせるメイクが大流行しているところからも分かるように、目は多くの人にとってコンプレックスともなっています。まぶたが重く垂れ下がる眼瞼下垂は、後天性のものでは加齢によるものも多く見られます。そのため若返りを目的として施術を受ける人も多く、アンチエイジング施術の1つとしても知られています。美容を目的として眼瞼下垂の治療を希望する人は、施術の普及もあってこの先もさらに増えると予測されます。

先天性と後天性がある

まぶたが重く感じたり、目の奥のかゆみ・痛みが続く場合は眼瞼下垂の場合があります。この疾病は先天性と後天性があり、対処法や施術、その後のリハビリも違ってくるので、豆知識として知っておくことが重要です。先天性の場合は生まれつきまぶたが下がっている症状が見られ、上眼瞼挙筋の発育不全を原因とする事が多く、他にもマーカスガン現象や先天性動眼神経といった疾病などを一緒に伴っており、それが原因となるケースもあります。後天性の眼瞼下垂は、花粉症などのアレルギー症状や目を擦る癖が強い人にも起こるため注意が必要です。他にもコンタクトレンズの長期使用で起こったり、エクステなどの美容ケアでも引き起こされる事があるので、先天性と後天性の眼瞼下垂についてそれぞれ理解をしておくことが求められます。